塗替え見積もり

 

 

サイディング外壁塗装

 

ジョリパット・モルタル塗装

 

コロニアル・スレート屋根
モニエル瓦・トタン屋根

 

工事中の写真

2017年12月8日更新
横浜市保土ヶ谷区
外壁モルタル塗装

 

2017年12月8日更新
横浜市保土ヶ谷区
屋根葺き替え工事

 

2017年12月8日更新
相模原市
外壁サイディング塗装

 

2017年12月8日更新
横浜市青葉区
パミール屋根葺き替え
横浜市青葉区 パミール屋根葺き替え2

 

2017年11月16日完了
川崎市多摩区
ジョリパット外壁塗装

 

2017年11月29日完了
相模原市
ALC外壁塗装工事
相模原市 ALC外壁塗装

 

 

ジャパンテック神奈川 塗装職人スタッフ

工事後のアフターケア

 

 

モルタル壁のひび割れメンテナンス

ジョリパット壁 塗替え塗装

サイディングボードのコーキングメンテナンス

サイディングボードの塗装種類

 

ガイナ 断熱塗装

外壁塗装後のお客様の感想

ジャパンテック神奈川 メディア取材

ジャパンテック神奈川 電話

 

 

1、屋根葺き替え ぼったくり業者にご注意

屋根の交換の業者には、高価格販売業者がいるのでご注意ください。  
150万・200万も工事費をかけなくても葺き替え工事は出来る家がほとんどです。
ボッタクリ業者の本質は、一度の工事で2、3件分の利益を1件のお客様より取る業者です。
(もっとひどい業者もいますが)  絶対に騙されない様に気をつけて下さい。

 

 

 

2、屋根塗装が出来ない状況

 
コロニアル写真
コロニアル写真
トタン屋根(瓦棒)
スレート瓦(コロニアル)
スレート瓦(コロニアル)
トタン屋根

屋根の塗装がフクレている。
①屋根が湿っている状態で塗装をした
②塗装工程ミス
③塗料の選択ミス

塗装が浮いていたので、はがして見たところ、中から水が出てきました。
塗装の内側に、雨水がたまるのは、問題です。

トタン屋根には結露の問題や、サビによる穴あきのトラブルがあります。
知らぬ間に、下地板を腐食させているケースは多々あります。
 

 

3、スレート瓦(コロニアル)の上に新しい屋根を

 
 スレート瓦(コロニアル)の上に新しい屋根材を乗せた工事例写真
屋根葺き替え写真
屋根葺き替え写真
屋根 葺き替え写真
工事前写真
ベニヤ・防水シート
金属屋根・ソーラー設置

見積り調査の写真です。
見た目は綺麗ですが、この上に塗装は出来ません。

屋根を新しするために、下地補強から行いました。

屋根専用の下地板を張り、強度をつけます。写真は、その下地板の上に防水シートを張っております。
防水シートとは、雨を通さない特殊なシートです。

金属屋根を設置しました。
横葺きタイプの商品を使用してます。

耐久年は非常に長いものにしてあります。

 

4、屋根の葺き替え(交換)又は 重ね葺きの費用

 
屋根坪\塗料
トタン屋根下地含 コロニアル下地含 屋根を重ねる方法 金属屋根 下地含
20坪
¥550.000 ¥お問い合わせ下さい ¥お問い合わせ下さい ¥お問い合わせ下さい
25坪
¥687.500
30坪
¥825.000
35坪
¥962.500
40坪
¥1.100.000
45坪
¥1.237.500


5、屋根葺き替え工事事例

スレート屋根です。  スレート屋根はセメント質でできている屋根材です。

スレート瓦は30年~35年経過すると、スレート瓦の下に問題が出てきます。
、何十年もかけて進行する雨漏り。
、北側面は屋根の下地が傷みやすい。 湿気の影響で、下地が腐食してきます。

 

工事4日目 に雨漏り発見 。 屋根の下地に水分があることを確認。


デジタルカメラの画像


赤外線カメラの画像

作業4日目です。  防水シートの内部に水分がいます。
サーモカメラの調査結果で判明しました。    

左の写真が 実際のデジカメ写真  
右の写真が 赤外線カメラの写真 になります

赤丸で囲っている部分が、雨漏り箇所になります。

 
 
 
 
 

写真の外壁、モルタル壁です。
モルタル壁は、セメントと砂を混ぜ合わせた壁です。  
風合いがよく味わいがあり、全体が一体感のあります。  

ただ、ひび割れから雨漏りすることもありますので、《ひび割れ直し》と《防水型塗料》を使って直したいと思います。

 
 
 
 

足場の組み立ての様子です。
これから、工事でお世話になります。

工事中の様子を解説させていただきます! 

 
 
 
 
 

見積もり調査の段階で、屋根の下地が腐食している可能性が高いと判断。

補強のために、耐水ベニヤを張り付けします。
(資材、荷揚げ用のハシゴを設置しております)

 

作業4日目に 屋根の下に水分があることが判明。  雨漏りです。
事前調査の段階で、しっかりと調べておりましたので、工事仕様はドンピシャです。

もし、工事仕様が塗替えだった場合、無意味な工事になってしまいます。
見積もり調査の段階で、
《屋根に塗装が良いのか?》 または 《新しい屋根にするのが良いのか?》
調査の重要性がわかります

 

 

補強 & 下地をしっかりさせるために、耐水ベニヤを張り付け。

 

下地板を補強張りしたあとは、防水シートをはります。

 

そして、新しい屋根。
新しい屋根は、アスファルトシングル屋根材という物です。
ご覧いただくと分かる通り、見た目がオシャレな流行りの屋根材です。

もちろん、15年ほどはノーメンテナンスの屋根材です。(15年過ぎに塗装が必要になります)

 

屋根と外壁が接合するところ。  
しっかりとした下地を新規で作り、雨漏りしない様に板金を張り込みます。

 

 

 
変則的な形状をしている部分も、しっかりと納めてあります。

 

こちらは屋根の天辺。  棟押さえ板金を取付して完了になります。

北側の屋根には、雪止めも付けてありますので、降雪時もご安心頂けます。

 


 

工事後のアフターサービス 、、、   点検報告です

2017年11月30日更新
外壁塗装 2014年実施

大和市 外壁塗装

大和市 A様邸にアフター点検にお伺いしました!
塗装をしてから、まだ2年が経過した所で、そろそろ一度、状況の確認をしておきたいなと思った頃です。

外壁サイディングには、セラミックシリコン塗料が塗ってあります
コーキング目地も・・・

続きを読む

2017年11月14日更新
外壁塗装 2009年実施

大和市 外壁塗装

8年前にシリコン塗装をさせて頂いた、I様邸にアフター点検にお伺いしました。

I様邸のサイディングは、凍害地仕様サイディング材という物です。
通常のサイディングとは少しだけ造りが違い・・・

続きを読む

2017年11月8日更新
外壁塗装 2009年実施

大和市 サイディング塗装

Aさま邸、8年前にサイディング外壁塗装工事でお世話になりました。
塗料は、高耐久タイプのセラミックシリコンを外壁に使い、
コーキング目地には、変成シリコンを使ってメンテナンスをしました・・・

続きを読む

 

 


見積り 相見積もり塗替え塗装

 

 

お客様の感想

 

 

ジャパンテック神奈川
神奈川県 綾瀬市 寺尾本町 3-6-2
0120-770-591

更新日 29年 12月 8日(金)
外壁塗装ならジャパンテック神奈川へ

現在のサイトです
遮熱サイトへ
光触媒塗装サイトへ
アフターサービス日記
施工事例